鈴竹の箱 SQ

46bksq

5,940円(税440円)

岩手県一戸郡二戸町にある鳥越地区。鈴竹細工の有名な産地として知られています。
鳥越地区に生息する鈴竹は特に強くてしなやかといわれ
この鈴竹を使って1000年以上も前から丈夫で実用的な鈴竹細工が作られてきました。

山から竹を採取し、材料(竹ひご)を一本一本作り、かごやざるを編み込む。
全ての作業が手仕事で行われています。まさに手間ひまかけて作られた竹細工は
その竹表皮のつやつやとした光沢、見た目の美しさ、柔らかく心地よい手触りが特徴です。
中身と蓋を合わせるのには大変高い技術が必要とされています。

この地域の伝統的な「網代編み」という編み方で作られた弁当かごの中でも
正方形タイプは珍しく、作る方もほとんどいなくなっています。
大きさも一人分サイズで、おにぎり二個とおかずが少し入るほどです。
弁当かごとしてだけではなく、小物入れとして使うにもちょうど良いサイズです。
使っていくうちに、あめ色に経年変化していくのも楽しみの一つです。

サイズ/重量 H14xD14xH5.5cm/80g
※サイズは1点毎に若干異なります。

※お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないようできるだけ水を切り、ふき取ってから日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

・天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
・PCや照明の環境によって色の見え方は異なることがあります。
・店頭でも同時に販売しておりますので、入れ違いで欠品が発生することがあります。
 お急ぎの方は必ず事前にお問合せください。